蛇口まわりの水のトラブル

水道の蛇口は、キッチン、洗面台、お風呂のほかにも屋外にある家庭もあり、その形状も家庭や使う場所によって様々です。近年では様々なタイプの蛇口が発売されていますが、構造が複雑になるほど、トラブルの原因の特定や修理が難しくなる傾向があります。

■蛇口の形式

蛇口は水のトラブルが起こりやすい場所です。形状は、洗面台によく使われるシングルレバー水栓、お風呂でシャワーと連結しているサーモスタット混合水栓、お湯の出るハンドルと水の出るハンドルが真ん中の管でつながっている2ハンドル混合水栓などがあります。どの形状でも、多いのは水が止まらないというトラブルです。サーモスタット混合水栓に関しては、温度不良のトラブルが多いようです。
2ハンドル混合水栓は、構造がシンプルかつ丈夫で、20年ほども使用できます。内部を掃除したり、コマやパッキンを交換したりと修理作業も容易です。
シングルレバー水栓やサーモスタット混合水栓は、2ハンドル混合水栓に比べて寿命が10年程度と短く、バルブを新しいものに交換しても他の箇所がだんだんと壊れていきます。

蛇口 交換が必要になる場合もある

蛇口を長年使っているなら、パッキンが劣化により割れて、水に混じってきている可能性があります。こうなってしまうと、蛇口本体の買い替えが必要になるでしょう。買い替えに伴い、よりハイグレードな、使い勝手の良いものに交換するのも良いアイディアです。
蛇口 交換作業は慣れない方には難しいかもしれません。自信がない方は、水のトラブルの修理業者に蛇口 交換を依頼しましょう。

■まとめ
蛇口には寿命があり、永久に使えるものではありません。水の出る量が減ってきた、ハンドルがかたくて回しづらいなどのトラブルが次々に起こってくるようなら、寿命が来たものと考え、潔く買い替えましょう。修理費や労力を考えれば、買い替えた方が安上がりという場合も多々あります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ